Menu

ネーム印の注意点

0 Comment

印鑑には大きく分けて3種類あります。市役所役場などで印鑑登録を行い、ローン契約、不動産の契約など重要な場面で使われ法的な効力も大きい実印、通帳口座などの開設、銀行における各種手続きの際に必要となる銀行印、そして会社、学校の書類、宅配便の受取など日常生活のさまざまな場面で使われる承認、目を通したサインとしての認印。この中でネーム印は認印として使われます。

普段持ち歩くことが多いのはネーム印などの認印ですが、だからといって実印、銀行印が必要な場面でうっかりネーム印を用意してしまったなんてことがないように気を付けなければいけません。ネーム印には法的な本人証明としての効力はありませんので間違って押印することが無いように気を付けましょう。

また、日常生活の場面でネーム印を使う場合、例えば職場などでサインとして多用する場合は印面の文字が名字だけでいいのか、フルネームが必要なのかをよく考えて購入する必要があります。田中、佐藤、鈴木など人口の多い苗字の場合ですと、誰のサインなのかわからず混乱のもととなってしまいます。また、押印する書類の用途やサイズに合わせた印鑑を選べるように、購入の際にはフォントやサイズ、インクの色などに注意して探しましょう。